【食レポ】ヤマザキ「あんバタースフレ」♪軽すぎないけど重すぎない!ツートンカラーのふんわりスイーツ今登場!

公開日:2021/7/13更新日:2021/7/14

ヤマザキ「あんバタースフレ」

スフレといえば、ふわふわ軽いその口当たりが身上です。

でも軽すぎるあまり、ちょっと物足りないと感じてしまうことも。

それなら、どっしり重いものと組み合わせてみたら……?

ヤマザキ「あんバタースフレ」

今回ご紹介するのはヤマザキから発売された、スフレタイプのチルドスイーツ。

バター入りホイップとつぶあんをふんわりスフレでサンドした、「あんバタースフレ」です。

まずは原材料を見ていきましょう。

原材料欄。
カロリー288kcal。

先頭はやはり、どっしり感あるつぶあん。

砂糖、小麦粉、全卵とスフレの材料が続きます。

そしてホイップクリーム、少し置いてバターや生クリームも記載されています。

きれいな焼き目がついた、きめの細かいイングリッシュマフィンのような生地。
水平にスライスされ、あんこやホイップがサンドされています

ぱっと見た目はこんがり焼かれたイングリッシュマフィンのよう。

しかしその肌はあくまできめ細かく、ふんわりとした感じが伝わってきます。

水平にスライスされたその間からのぞくのは、ホイップとあんこのツートンカラー。

密度の高い生地と、密度の高いホイップ&あんこ。
後味すっきりいやみなし

ふんわりスフレはあるか無きかのかすかな口当たり、それはあたかも薄羽衣。

その奥に鎮座するのはぽってりとした、甘く存在感あるあんこです。

ふと鼻に抜けるのはホイップの、柔らかいバターの香り。

味わいもまた繊細さと存在感の、ツートン仕立ての一品でした。

色も味わいもツートーン

白くてふんわり軽いスフレ&ホイップ。

かたや黒くてどっしり高濃度なつぶあん。

対照的な二つのトーンが、見事にハーモニーを奏でていました。

生地の軽さがあんこの存在感を引き立て、あんこの甘さがホイップのミルキーさを際立たせる。

コントラストというほどには対立してないこのバランスはお見事です。

気になったらぜひ、体験してみてくださいね!

ライター:菅目直衣

四国在住の男。菅目 直衣(すがめ なおい)と申します。 変わったもの、珍しいもの、未知の食文化に興味あり。 そして何より旨い物が好き。 東を向いては珍味をつまみ、西を向いてはシリアル喰らう。 今日も今日とて味覚を求め、自転車漕いで北・南。新製品もなつかしの味も、みんなまとめて持って来い!

記事へのクチコミをするには
会員登録

もぐナビの最新情報をSNSでチェックしよう!

特集

おすすめ情報
【PR】

その他の注目ニュース

  • 関連記事
  • アクセス
    ランキング
  • 新着記事
もぐナビの記事や写真などの著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。
お問い合わせはこちらからお願いいたします。

ニュースをもっとチェック!